ビジネス渡航でも、様々な顔を持つ国、カナダ!

私はカナダのウィスラー、ヴィクトリア、バンクーバーに出張でいったことがあります。

同じカナダ国内なのに全く雰囲気の違う3つの街にとても驚いた記憶があります。

まず訪れたのはウィスラー。メープルの葉がよく似合うかわいらしい街でした。街の所々にダークブラウンのベアが飾られていて、多くの方が想像する「カナダ」のイメージはこのウィスラーの街なのではないでしょうか。そんなカナダっぽさに心ワクワクしました。私が訪れた街の中で一番アットホームだったのもこのウィスラーです。隣を通る人によく「コンニチハ」と声を掛けてもらえました。また硬貨の種類がわからなくて困っていると、お店の店員さんが親切に教えてくれました。暖かい可愛らしい街だな…と感動しました。

次に訪れたのはヴィクトリアです。ウィスラーとはガラリと変わり、華やかな英国風の建物ばかりになります。街中にお花が溢れ、歩いていてとても楽しい街です。カナダの人たちにとって住んでみたい街NO1の街らしいです。

このヴィクトリアの次に訪れたのはバンクーバーでした。カナダの街の中で一番有名な街ですね。バンクーバーは本当に賑やかで、まさに「都会」といった印象。ウィスラーとは違い、人と人との交流はそう簡単にはできない雰囲気。しかし、夜遅くまでやっているお店も多く、楽しい街です。日本人はカナダでは若く見えるようなので、お店でお酒を買う時は苦労するかもしれません…。

ウィスラー、ヴィクトリア、バンクーバーと3つの街を出張で訪れてみて現地カナダ人の気さくさに触れることが出来ました。同じ国でこんなにも雰囲気がガラリと変わるのか…と驚きました。どの街もとにかく綺麗で、治安も良く、安心して仕事ができます。