カナダでインターンシップ就職をする方法

大学生のとき、もう十年以上前になりますが、カナダに一年間留学していました。現在はカナダ在住です。わたしは、カナダとオーストラリアで留学経験があり、カナダでも日系企業でインターンシップをした経験があります。

この二か国を比べてみて感じることは、「親日家はオーストラリアの方がずっと多い」ということです。オーストラリアからは、格安航空券が手に入るということもあり、日本にスキー休暇やワーキングホリデーに出かける人が結構いて、今までに「日本の文化が大好きだ」という親日家にもたくさん出会いました。

一方で、カナダで留学していたころは、そんなに親日家に出会った覚えはありません。大学の寮に住んでいたので、日本語を専攻している人にも何人か会ったことはありますが、「わたしは日本人です」と言っても、向うの反応は「ふ~ん」だけで終わるような感じです。

日本人留学生の数もあまりおらず、ビジネス中心街にある日本人が経営する留学センターの数も、あまりありませんでした。

といっても、十年以上前の話なので、今は日本人留学生の数も増えているかもしれませんが、親日家の数的には、そんなに増えていないのではないかと想像します。

かと言って、人種差別をされた、という経験もないのですが。。。カナダ人は、オーストラリア人のように、誰にでも十年来の友達のように接する人があまり多くなく、他人とは一線を引いて接している、ということでしょうか。

日本からの距離は、カナダとオーストラリアは大して変わらないかもしれませんが、日本との気持ち的な距離は、カナダの方が離れている気がしてなりません。

さて、留学中には現地の日系企業から求人のオファーがいくつか舞い込んできます。斡旋している業者もいるので簡単に見つける事ができるでしょう。わからない場合は探してみると良いです。(カナダの求人を集める!)

そいうったオファーを受けて現地で合法的に働く許可が出れば問題ありません。そのままカナダで就職し続ける人もいれば、期間を終えて帰国する人もいます。